早口ルール記事 同じクリーチャー

進化しても退化しても同じクリーチャーです。 フォースアゲインなどで出し直すと、物理的に同じカードでも別のクリーチャーです。 「このターンの終わりに破壊される」「次のターンまで攻撃もブロックもできない」 「このターン、シールドを1枚多くブレイク…

ルール解説記事 誘発型能力はデュエマの半分

(5/17 9:20ごろ 手札からの誘発について追記) 誘発型能力というのは「〇〇した時」と書かれていて デュエルマスターズでは最も頻繁に使用するものです。 これがわかっていればトラブルの半分くらいはなくなります。 能力と効果について 時期による差異 食べ…

試合中に考えてること

試合中に考えてること 最初のターンに、今から5ターン目までの行動 次のターンで負けそうかそれ以外か いま攻撃したら次のターンで勝てそうかそれ以外か 試合中に考えるのはめんどいからおうちで考えておくこと 最初のターンに考える内容の一例 負けそうとは…

遊戯王のオリカを考えた

万全のつもりですが、万が一ルールがおかしかったら教えてください。 ‪読方教育魔人 獣戦士族/特殊召喚/効果‬‪このカードは通常召喚できない(効果外テキスト)‬‪モンスター1体をリリースして特殊召喚する(効果外テキスト)‬‪(1):このカードを特殊召喚したター…

デッキの組み方記事 2017初夏の版

精神編、知識編、物理編の3つだよ。 精神編 知らん奴より自分のほうが上。 こんなカードを使ったら馬鹿にされるんじゃないか、みたいな不安のことです、 そいつはゲームができない上に礼儀を知らない奴なので、そんな自分でも邪魔をできる相手がいるという実…

勘違いをしたらデッキの選択肢が減る

「勝率80%で最速だと3ターン目に勝つデッキ」がある場合。 このデッキは「3ターン目に80%勝つ」という事実を持っていません。 3ターン目に勝つのは最速だった場合だけで、最速じゃなく勝った場合も含めて勝率80%です。 「勝つときに相手を完封する、負けると…

今日のKUSOデッキ

コンボはおもろいけど私はそこから調整するのはすきでないのです。 Λ、ワイルドスピード、チューンアゲイン、エヴォルメラッチ、ヴァルドリル、ネクストチャージャー、不死鳥の術、クロック、グレンニャー、伝説の禁断、サファイア、蒼炎2— 菖蒲/のいん (@ke…

長ついっと:ニセ初心者が説得力を下げる

「初心者が大会に出てひどい負け方をする」 大会に出るのか初心者なのかどっちなんだ。 私は参加しなかったし、 その他でもひどい負け方を悪い出来事にしたのはゲームではなく人間の態度だったよ。 「初心者におすすめできない」 他の部分をおすすめしてね。…

ショートコラム:創造の母

制限をつけるとノイズが除かれてデッキを作りやすいのでは。 というわけで試しに書いてみる。 まだ試してなくて来週試す予定。 〜使いかた〜 6面さいころを3個投げる 出た目に対応した制限を選ぶ デッキを組む さいころを振り直すには5分以上の間隔をあける …

夜のデッキアイデア集

夜中に起きちゃったときの思いつき集だよ。 ドレッドブラッド、バッシュ、バベルギヌス、ミラ、サイバーチューン、タイムトリッパー、解体、エマージェンシータ、スクランブルタみたいなデッキを組もうと思ったけど飽きたのでやめた— 菖蒲/のいん (@key37me)…

カジュアル変種ルール:ビスラ15

『デュエルマスターズFE』にて、 切札勝舞はエジプトの少年ジェドと変則ルールで勝負をすることになる。 当時はいくらか話題になったものの、 最近は話題に上がらないのでせっかくだから記事にすることにしました。 〜あそびかた〜 3パック開封してカード15…

フレーバー記事 逆引きカード一例 part1

フレーバーからカードを見る一例 動画を作る時のキャラクター付けとか、 かっこいいデッキを組みたい時とかに役立ててね。 どうしても長くなるので何回かに分ける予定。 今回は特定のフレーバーを含むカードを見て、 次回は同じものをどう見ているかを中心に…

4/16 グランプリ4thレポート 第4話 試合以外編

第4話 試合以外編 1話 デッキ選び編 & 2話 デッキ調整編 http://key37me.hatenablog.jp/entry/2017/04/20/193639 3話 グランプリ開幕編 http://key37me.hatenablog.jp/entry/2017/04/17/120058 メタリカはつよい 思った通りつよい。 白の思想は私に馴染まな…

このカードがあれば当分は遊べるカード

青の特徴:なんでもできるからあとはやりたいことを決めればいい。 赤の特徴:やりたいことを決めればなんでもできる。 月光電人オボロカゲロウ サイバーチューン ネクストチャージャー 龍素知新 封魔デミゴルン エンペラーニュロン 汎用性こそ低めながらま…

2色デッキを組む記事

1色デッキはパックを開けるだけで組み方が安定してるのに対して 2色デッキはプレイヤ間の話題も含めて突然に指針がなくなることに気づいたのです。 革命ファイナルもほとんど全部が単色で、 真に多色デッキと見せたのはVとドルマゲドンだけじゃないかな。 友…

4/16 グランプリ4th レポート 第1話&第2話

第1話 デッキ選び編 過去の記事 第3話 グランプリ開幕編 http://key37me.hatenablog.jp/entry/2017/04/17/120058 次回以降予告 第4話 グランプリ試合以外編 第5話 グランプリゲーム以外編 デッキをどうするか。話はとりあえずドルマゲドン発売まで遡り、 「…

デッキが32倍強くなる構築テクニック

シャッフルする。 5枚引く。 この手札を使って5マナまででどう行動するか考える。 その結果を3つに分ける。どう転んでもいい動きになる、単色または足りない色を1枚引けばいい動きになる、いい動きをするにはいい引きが2枚以上必要。 デッキは合計40枚なので…

マナのピラミッド&マナのもみの木

低コストは多く、高コストほど少なく。 デッキ構築の基本として漫画でも解説されています。 本当に?どこまでが本当? 使わず抱えておくより使って恩恵をということで、低コストが多いと使い切りやすくなります。 ではその逆で、手札を使い切らず残しておき…

4/16 グランプリ4th レポート 第3話

第3話 グランプリ開幕編 前回まで予告 (飽きなければそのうち書きます) 第1話 デッキ選び編第2話 デッキ構築編 次回から予告 (多分ぼちぼち書きます) 第4話 グランプリ試合以外編 第5話 グランプリゲーム以外編 4 ジョリー・ザ・ジョニー 4 解体人形ジェニー…

ショートコラム:枠に目印のあるカード

サインカードなどは認められていますが、戦略的意味を含むものは認められていません。 今回の記事で扱うのはそういった加工ではなく、 特別な枠で印刷されたカードについての話です。 そもそも目印の意味とは 山札を見る効果で見つからないカードはシールド…

アダムスキー退化

アダムスキー、タコンチュ、ニュロン、完全不明、落城、マイパッド、オニカマス、プラチナ、コイコイ、ダイキ、時空の庭園、シャッフ、進化設計図、未来設計図、クレストevo、クロック、フォースアゲイン、フェアリーギフト、伝説のドキンダム— 菖蒲/のいん …

GP準備のチェックリスト

参加する皆様、忘れ物、困ること、慌てることをせずによい1日にしてね。 リストアップの下にいくつかの解説があります。 誰もが必要な物 デッキ デッキ登録 チケット(スマホアプリなら表示する準備) デッキケース 筆記具(赤サインペン不可) 地域によって必要…

勝つか負けるかの2分の1

確率、統計、候補数を区別しないのはやめてね。 勝つか負けるかというのは結果が2通りあるということです。 50%の確率で勝って50%の確率で負けるわけではありません。 確率が50%だと、2000回に1000回ほど これが60%になると1200回ほどになります。 つまり合…

特に出かけるとかじゃない日に早起きをしてしまったら後でデッキが増える

伝説のドキンダム、一般のドキンダム2か3、GOD、Gio、アガサエルキュール、オールデリート、バーロウ、バロムロッソ、ババルガ、ケラサイト、アクロアイト、アヴァラルド、巨大設計図、進化設計図— 菖蒲/のいん (@key37me) 2017年4月6日 またGODか。 サファ…

ショートコラム:多色カードのタップイン対策に多色カードを使う

タップインしたら困るから減らしたい。 タップインしてもいいから増やす。 減らしたけどまだタップインで困る。 増やすけどタップインで困らない。 そんな多色カード枚数の話です。 ところでタップインが何故困るかというとそのカードをマナゾーンに置くから…

ジョーカーズの登場で思い出話:私は不死鳥編がすきです。

不死鳥編というといい加減な情報を読んだだけでクソクソ言われてることが多いけれど 肝心な部分をすっ飛ばして悪い部分だけ抽出して読んだらどうなるか、 アフィリエイトがたくさんあるブログでやる夫が教えてくれたのです。 灰汁を取った鍋の中身を食べるの…

エスパーいろコントロール・いま組みたくなった状態

調整とかはまだです。 普通のやつなので解説はないです。 4 緑知銀 フェイウォン2 天雷龍姫エリザベス1 黙示賢者ソルハバキ1 黙示護聖ファル・ピエロ1 光牙忍ハヤブサマル1 魔光王機デ・バウラ伯1 月の輝き 夢幻1 超次元ドラヴィタ・ホール 4 コアクアンのお…

引きたい枚数

このカードは誰が相手でも強いか、少なくとも役立つ。 引いてもしょうがないことは滅多にない。だから4枚。 という話は語られてることも多いし自分でそう思うこともあろうということで、 今回はカード単位ではなく役割単位の枚数記事です。 カード単位での話…

ルールをテーマにしたデッキとかアイデア part2

part3までの準備はあったけど、思ったよりも中身がなかったのでpart2までにしました。 1枚引いて、1枚マナチャージ。 ルールだけでできるこの行動から焦点を絞るため余分な情報を除くと 1枚引いて(手札+1)、1枚捨てる(手札-1)。 この動き方は麻雀に似ていて…

デッキを組む時 マナコスト編

アラビア数字を4つ選ぶ。ただし、下記の条件を両方満たすように選ぶ。 2か3を含む。 4か5を含む。 選んだ数をマナコストに持つカードを中心にデッキを組むのです。 それ以外のコストは〇〇を引かなかった時用のようなやつ。 マナチャージをしていくと手札は4…