私の魂のデッキ 2019.8.20ごろのやつ

記事:魂のデッキ 2019.8.20ごろ

目次

  1. レシピ 52枚
  2. マナチャージの数と順番
  3. 攻撃の数と速度
  4. 今後の計画
  5. 思想
  6. 小技

---

水19(内多色13)・闇22(内多色9)・自然15(内多色8)
多色13

4 天災 デドダム
4 機動基板 コア・キャリバー / エレクトロ・シャワー
4 プロト・コア / 暗黒の不法侵入
4 乱罪 ダイパ殺デー
4 衰罪 デ殺パイダー
4 /* 二幻 ニャミバウン */
4 フェアリー・ライフ

2 重罪 マンダ堕ム
2 卍魔刃 キ・ルジャック
2 S級原始 サンマックス

1 テック団の波壊Go!
1 /* 二幻 スパイアル */
1 クリスタル・メモリー
1 復讐 ブラックサイコ
1 再誕の社
1 光牙忍 ハヤブサマル

超GRゾーン
2 ナギー・ナグナグ
2 モウドク 柄 一式
2 スカップIII
2 シェイク・シャーク
2 バクシュ 柄 二式
1 ロッキーロック
1 シャギーII

---

マナチャージの数と順番

1 多色を置く。ただしデドダムは2枚は持っておく。
2 足りない色を置く。
3 ここで3色を揃える。デドダムを出す。

闇3水1があれば大抵なんとかなる。
多色カードが多いので自動的に揃うこともよくあるよ。

総じてあんまり考えません。
闇を多く使うのだけ覚えておいて。
主にマンダのせいです。

---

攻撃の数と速度

3回でいい。
ダイパはWブレイカ
キルジャックはTブレイカ
サンマックスはTブレイカ
これらの2体がいるだけでシールド0までいけるぞ。

早いときは第5ターンか第6ターンに、
遅いときはじっくり第9でも第10でも。
攻撃の姿勢に移ってからは2ターンで総攻撃できます。
(1ターン目でクリーチャーを出す・2ターン目でキルジャックやサンマックスを乗せる)

---

今後の計画

マリゴルドIIIはつよい。
9月21日に発売したらすぐに入れます。
ロッキーとバクシュを1枚zつ減らすよ。

あとロストソウルをいれる。
重量コントロールの他、
メインの動きに噛み合う方法でもある。

---

思想

じつは忍者やゲリラ戦がすきです。

小さな動きで相手を去なし、
数の優位を確保し、
いきなり攻撃に転ずる。
蜂のように舞って蝶を食べるハナカマキリのように仕留めるデッキだよ。

毛沢東が遺した言葉、
敵進我退 敵駐我攪 敵疲我打 敵退我追
ってやつです。

敵の進軍は勝算があるから、逃げるほうがいい。
敵が体勢を整えようとしてるなら、その妨害をする。
敵が疲れを見せたら、攻め時チャンス
敵が逃げたら、攻め時チャンス


---

小技 (記事の残り全部)

デドダム最強!

---

3ターン目はとりあえずデドダムを出すと強いよ。
キャリバーがどうとか考えるのはデドダムを超える見込みがあってからです。
2枚使ったら2枚増えるのと、
出すだけで2枚増えるのは、
どちらが強いかは明らか。

---

とりあえずでマナチャージするのをやめろ。
デドダムで自動的に増えるとか、
キャリバーがいるときにフェアリーライフを使うと手札を維持できるとか、
そうしてただのマナチャージを減らそう。

---

キルジャックが破壊されたら墓地からマンダが出る。
マンダを出すと墓地のキルジャックを回収する。
おかわりだ。

---

モウドクくんとロッキーはパワーが低いのでしょんぼりする。

---

超GRゾーンの12枚中6枚が除去能力になっています。
デ殺で-2000した後でナギーを無月の大罪で破壊するとつよい。
ダイパつきスカップはパワー7000のマッハでコストもわずか2、つよい。

---

ブラックサイコで2枚を捨ててから2枚をブレイクする場合、
強いカードは捨てた側にある。
(シールドは選択肢なしのランダムな2枚なのに対し、
手札はここまでに引いた中から選りすぐりの2枚なため)

---

デドダムは最強だから出しまくるとよい。
出さずにマナチャージするのはやめてね。

---

3ターン目にデドダムを出した場合、
次でブラックサイコを出せる確率は50%前後とかなりでかい。
これはクリスタルメモリーと合わせて2枚あるおかげ。

---

サンマックスも同様に高確率で引いてる。
こちらはダイパやデ殺を出して3枚ブレイクだけでなく、
出さずに1枚ブレイクしつつ次でロストソウルの構えにもなる。

---

大型クリーチャーを除去する方法がキルジャックとシェイクシャークしかないので、
大事に使おう。
マンダで回収できるからこそ、
破壊しても無限に戻ってくる奴をわざわざ破壊する相手はいない。

---

プロトコアの軽減があると、
スパイアルを1マナで出し、自身を戻せる。
ほしいGRが来るまで何度でもリロードだ!
隣にキャリバーがいるとドローもできるぞ。

---

どこかでクリーチャーを場に残す必要がある。
そんなときはロッキーロックを破壊して出てくるのを活用しましょ。
パワーが1000しかないので、
はやくマリゴルドにしたいぞ。

---

第1ターンでデドダムをマナチャージするやつ、絶対にやめてね。
マナゾーンなんかに置くより召喚したほうが100%強いよ。
3色カードがマナゾーンにあっても別に強くない、
召喚して効果を使うとはちゃめちゃに強い。
どちらを使うべきかは明らか。

---

私の向かいの席でデドダムをマナチャージした奴は手札不足で何もできないまま敗れていった。

ファッションの記事

f:id:key37me:20190630121949j:image

私と実際に会った人はおしゃれな服装をご存知の通り、
ユニクロだけで服装の9割を占めています。
同じ範囲から選んでいておしゃれに差がつく理由といったら、
どの色を・どの場所に・どれだけの面積で置いたかと見ています。

生涯学習のユーキャンでお勉強した成果を含むので、
選び方の一部をお話しします。

ファッションは、
自分は美しい人間だよと周囲にうち明かす目的でやります。

 

目次

  1. 第1段階
  2. 構築済みセット
  3. 形の選び方(外部リンク)
  4. 色の選び方(外部リンク)
  5. 服の注目点
  6. 台無しにする方法
  7. 言葉の説明
  8. おしまい

 

 

1. 第1段階 

たぶんもう知ってることを改めてお話しします。
両親ともに活躍しなかった人向けです。

貧困の再生産は当人と万人の利益を減らす出来事なので、
すべての人間が防ぐべき出来事です。
誰もが部分的に両親の代替になれます。

 

姿勢を整える、とは

背筋を伸ばせ、などを言われた経験があると推測しています。

そういった曖昧な言い方では意味がわからないので、
実行する行動についてお話しします。

(1) 頭の位置が踵の真上にある。 (立っている状態のみ)

(2) 頭の位置が股関節の真上にある。

(3) 眼窩の上下にある骨の際が鉛直に並んでいる。

これら3個を同時に満たすと背筋が伸びた状態になります。
身長や座高を測るときを想像してみてね。


この姿勢で得られる結果

(1) 体力を節約できる。

→ 重力の影響を縦だけで受けると、横を支える手間がなくなります。

(2) 健康になる。

→ 血流へのやさしさは全身へのやさしさ。

(3) 外見が美しくなる。

→ 強いもの・優れているものを美しく認識します。弱さを美しく認識する遺伝子はマンモス・ペスト菌・麻疹ウイルスなどの餌になりました。

 

こういった利益があるから推奨されます。
口喧しいイチャモンの技ではないよ。

 

2. 構築済みセット 

いきなり面倒だと飽きるので、
構築済みセットを紹介します。
今の服装にどれか1個を取り入れるだけで一定の成果が出るように選びました。

やがて慣れたら物足りなくなったその後は、
続く内容を使ってね。

(1) 『靴・靴下・バッグのひもを黒で統一する』
(2) 『シャツ・靴下を白で統一する。』

 


3. 服の形について(外部リンク) 

人によって差異があるので紹介します。

現代ではこうして誰でも参照できる便利な時代です。
服と骨格との相性が悪いと知っておくのは、
自分は醜いなどの勘違いを防ぐ方法になります。

 

骨格3タイプ
男性向け https://mensjoker.jp/47156
女性向け https://sp.cecile.co.jp/sc/kokkaku/

 


4. 色選びについて(外部リンク) 

こちらもインターネットに便利なものが複数あります。

色と肌の相性が悪いと知っておくのは、
自分は醜いなどの勘違いを防ぐ方法になります。
伝聞では「顔色が悪く見える服を使って早退しやすくする」というのもあるそうです。
私からは非推奨ですが、場合によっては活用するといいよ。

男女共通 http://www.colorcoordination.com/self-check/top.html
男性向け https://allabout.co.jp/gm/gc/190848/
女性向け https://allabout.co.jp/gm/gc/190836/

 

 

5. 服の注目点 

比べるためには、どこを見て判断するかの基準が必要になります。
下記の4点はお待ちかねの色の見方だよ。

 

(1) 彩度 (色が濃い・重い/色が淡い・軽い)
→ 彩度が高い(色が濃い)服は強く印象づけられる。
上半身の彩度が高いと強そうな印象になり、
上半身の彩度が低いと軽やかな印象になる。

絵を描く人ならシルエットの枠と似ており覚えやすい。
 三角形にすると安定感が出るとか、
逆三角形にすると躍動感が出るとか。

(2) 明度 (色が明るい/色が暗い)
→ 私はまだ試してないので言及なし。

 

(3) 色相 (赤 - 橙 - 黄 - 緑 - 青 - 紫)
→左3つを暖色・右3つを寒色と呼ぶ。

同じ色相で揃えると安定した印象になる。
3つ隣との色を合わせると派手な印象になる。 (黄と紫など)

 

(4) 無彩色 (白 - 灰 - 黒)
→ どんな色と合わせても馴染む便利なやつ。

 

はじめに「上半身の彩度を決める」をおすすめします。

 

6. 台無しにする方法 

汚く見えるのがどんな時かを知り、
これを防いで綺麗な人間になろう。


試しに方眼紙を手描きしてみてね。
定規を使わずに描くとぶれてしまいます。
定規で綺麗に描いた後でも、
うっかり水をこぼしたり、
うっかりぐしゃぐしゃにしてみたり、
そうすると紙に濡れた跡や折れ目が残ります。


こうして増えた情報を汚く感じるのです。

規則的なパターンなら短い言葉で広い範囲を表せるのに、
不規則な折れ目は言葉で表そうとしたら長くなってしまう。
これに関しては数学やプログラムが得意な人には身近と認識しています。

 

ところでこの行の上に4行戻ると、上下の間隔が違うのをお気づきでしょうか。
間隔を言葉で表す際に「上下にこのぐらい」では表せなくなり、
「上がこのぐらいで下がこのぐらい」と長くなってしまいます。
めちゃダサい。

服の場合では、
うっかり醤油をこぼすと整わない情報が増えます。

あぶないね。

 

 

7. 言葉の説明 

トップス
上半身に着る服のこと。
シャツ・ブラウス・ジャケットなど。

決して裕福層のことではない。


ボトムス
下半身に着る服のこと。
ズボン・スカートなど。

決して装甲騎兵のことではない。


アウター
外側に着る服のこと。
ジャケット・カーディガンなど。

俳優はアクター。


インナー
内側に着る服のこと。
ワイシャツ・Tシャツなど。

マヤ神話における善意の神はイツァムナー


オーバー
外側の、防寒着(オーバーコート)やつなぎ(オーバーオール)のこと。
世界一有名なのがスーパーマリオだね。
今回の記事には登場しない。

刺身や春巻に添えられてるのは大葉


アンダー
下着・肌着のこと。
今回の記事には登場しない。

陽電子や中間子を発見したのはアンダーソン。

 

穿く(はく)
筒状になった服を下半身に身につけること。
ズボンやスカートは足の先が出る。

覚え方:穿つ(うがつ)の字に穴冠を使っている。


履く(はく)
筒状ではない服を身につけること。
靴や靴下は足の先を覆う。

覚え方:思いつかんかった。ごめんよ。部首は尸(しかばね)です。

 

8. おしまい 

よい服選びをしてよい生活をしてね。

今日のデッキ構築理論 9枚でいい

お久しぶりです。
デッキをどうやって組むのがいいか全然わかってないので、
あれこれ考えていました。
偶然にもいい感じに仕上がったデッキでゲームしてたので、
気づいたことを記事にしました。
9枚でよかった。

もくじ
  1. 今回のデッキ
  2. 本文

 

今回のデッキ

☆1 斬隠オロチ(殿堂)
1 クリスタル・メモリー
1 目的不明の作戦(殿堂)
1 超次元フェアリー・ホール
1 超次元ガロウズ・ホール(殿堂)
2 フェアリー・シャワー
☆4 クイーン・アマテラス
☆4 ア・ストラ・ゼーレ
4 /* 弐幻ニャミバウン*/
2 /*二幻ケルベロック*/
3 無修羅デジルムカデ
4 フェアリー・ライフ
4 フルール・ライフ
4 κβ バライフ
1 ピクシー・コクーン
3 コクーン・シャナバガン

Sトリガーが26枚も!

グランプリの後で登場した自然のオーラを取り入れて、
最速パターンとSトリガーが増えたよ。
《バライフ》の次で《オロチ》を出すと、
じつは既に勝てる数が揃っています。

 

メインの動きは9枚でよかった

リストの行頭に☆マークをつけた9枚を、
ゲームに勝つために使います。
というのは考えた段階の話で、
実際にやってみるとゲームに勝つ際に使いました。
つまりは使わないなら勝たないのです。

 

とはいえ9枚って案外少なくて済むね。
毎回つかうカードなので、
どのぐらいが必要か指標があると、
ぐぐんと考えやすくなるのです。

 

ここで残りの31枚に注目しました。
するとびっくり、
図らずも必殺技までを繋ぐカードばっかりです。
序盤で加速したり、
中盤で時間稼ぎをしたり。

使っていて楽しいぞ。
王道があって、状況を見て、
あえて外れるべきか否かを選んでいきます。

 

デッキってこうやって組むんだなぁ!
改めて言葉にすると存外に単純で、
今日からでもできそうです。

 


これまでに組んでたデッキは、
必殺技につなぐ方法を先に考えて、
使いやすい必殺技を後から考えていました。

 


きっと逆なんだな。
先に必殺技を決めて、
どこからでもその状況に持ち込む方法を用意します。


何もない序盤ではほっといてもまだ負けないから、
ほっといてマナ加速をする。


相手が勝つために必要なクリーチャーの数を知り、
これから出すべき数を増やしたり、出せなくしたりする。
(相手が3体を必要とするならば、場に1体の状況から、一気に2体出すのはかなり難しい)

 

そうして最後には必殺技にぴったりの状況に持ち込みます。
約束の6ターン目だ!

 

まとめ

定石を使って、たのしくデュエマをしよう!
私は人々が自分だけで負けるゲームをいちばん防ぎたいのです。

 

おまけ

蜘蛛は小さな1匹だけで、
蜘蛛の巣を大きく構えるのをイメージします。

狭い場所に入れるときは漏斗を使うのをイメージします。

2019年4/14開催 グランプリ8th 殿堂の部 参加デッキ『GRオロチ』解説

4/14に開催されたグランプリ8th殿堂にて、
端麗な防御デッキを組んで持ち込みました。
24枚のSトリガーと1枚のシノビが、
すべて《ゼーレ》や《ムカデ》に繋げる手段となっています。

今回の戦績は2勝3敗となりました。
お世辞にも勝ち組とはまだ言い難いので、
ここまでとこれから考える材料にします。してね。

---

超次元ゾーン8枚

勝利のプリンプリン×3
勝利のガイアールカイザー×2
ヴォルグ・サンダー
シルバー・ヴォルグ
時空の凶兵ブラック・ガンヴィート

超GRゾーン2枚ずつ6種類

ダスティン・ジョーバー
重圧CS-40
ワイラビIV
純白の意志ヴィンチ
アネモIII
予知TE-20

4/14 グランプリ8th殿堂参加・メインデッキ

1 斬隠オロチ
1 クリスタル・メモリー
1 目的不明の作戦
1 超次元ガロウズ・ホール
2 フェアリー・シャワー
2 ドンジャングルS7
4 クイーン・アマテラス
4 ア・ストラ・ゼーレ
4 /* 弐幻ニャミバウン*/
4 幽具ランジャ
4 無修羅デジルムカデ
4 フェアリー・ライフ
4 フルール・ライフ
4 コクーン・シャナバガン

なんたる美しい集合なのだ!
持ち主もスマートな身のこなしをしていて、
少女漫画だったら間違いなく
憧れのあの人として最初の目標になるタイプ。

---

動き方

(1)マナゾーンの置き方
最終的な枚数は通常なら8で、
場合によって10や12にします。

《クイーンアマテラス》を置きます。
早い段階で置きます。
1ターン目のマナチャージで置きます。
これをサボると《ドンジャングル》が変なマッハおじさんに成り下がってしまいます。

相手が攻撃デッキであり、
《シャナバガン》のスーパーボーナスを頼る場合は、
《ドンジャングル》も1枚置きます。
これは珍しい状況なので、
覚えておくだけでいいです。

(2)攻撃の数
通常は4回、
つまり2体を出して2ターンに分けて攻撃します。
4体で1ターンもあり得るけれど、期待はしない。

《ゼーレ》のパワー修正をうまく使うと
3回の攻撃で勝つ状況もあります。
こちらは2ターンに分けるよりも、
3体で1ターンのことが多く、
主に引きがいいときにやります。

小技の紹介

(1)《オロチ》を出し、オーラを山札に補充する。
めくって出した《クイーン》から、戻したオーラを再び出す。
これは《ゼーレ》を使うことが多い。

(2)《オロチ》をニンジャストライクで出し、
《クイーン》が出てくる。
ここで使うカードを《ニャミバウン》にすると、
《オロチ》を手札に補充できる。

(3)《オロチ》を6マナで出すと強い。
これは《ゼーレ》を引いてないときによくやる。
5ターン目に《ムカデ》を出した次でやると、
じつは王手になります。

(4)《ゼーレ》を重ねてつけるとブレイク枚数を+1できる。
ゲームに勝つための攻撃数が通常では4回の所を、
都合よく減らして3回にできる。
これはスピードアタッカーを出すのと同等の影響を持つ。

(5) Sトリガーのマナ加速を2枚と、
手札からの《フェアリーライフ》1枚で、
3ターン目に《ゼーレ》を出せる。

今回の敗因について

理由は今しか使えないが、
理由の在処は常に使える。
ということで、
注目点ありきの書き方をします。

(1)練り込み不足
→ あり得る。
具体的には《ムカデ》を3枚にしても、
これを理由にした負けは少なそうだった。

(2)デッキ自体の見極め不足
→ 現在のところは、これに関して消極的。
攻撃をしないデッキが多いとはどうも考えにくいし、
クリーチャー0の状態からいきなり勝つ方法を持ったデッキも珍しそう。
ただし、《オーリリア》への回答はもっと増やすべき。

(3)動きの幅の不足
→ 大いにある。
ただし、確実な自分の動きひとつを持っているので、
これが通用しない相手と試合する機会によってこの影響が変動する。
今回は影響されないと踏み、実際その通りだった。

tips パワー5桁軍団デッキ(主にキューブ関連やヴェスパー関連)にはかなり頑張らないと勝てない。

(4)攻撃力、速度の不足
→ 大いにある。
ただし、多くは防御力で補える範囲なので、積極的な改善はしない。

(5)攻撃力、密度の不足
→ ない。
常に2体同時に出るので、
やられる順番待ちにはならない。

(6)防御力、干渉の不足
→ ない。
ただし、得意不得意がはっきりしている。
クリーチャー以外への干渉が必要な相手には、
早くゲームに勝つことで対処して。

(7)防御力、耐久の不足
→ 序盤の加速次第。
《オロチ》頼みではあるが、引く確率は十分に高い。
何もしなくても引いてる方が多い。
加えて、
《ゼーレ》が間に合えば必要にもならなくなる。
過干渉だよ。

試合内容と、ついでに記録メモの紹介をします。

(1)相手のデッキがどんなデッキかわからないのを前提に、
見えたカードを記録しています。
重要カードを見落とすとアイデアにならないからね。

(2)印象が薄いカードは忘れることがあります。
終盤でマナゾーンに置いただけとか。

(3)メモを電話に書く際の変換も紹介します。
きっちりやってると思われたくないのです。
先に重要な部分をきっちりやってね。

(4)各試合について
詳しく書いたら日が暮れるし、
軽めに書いたら中途半端すぎて意味がわからないのです。
なので書かない。

(5)今回は一言コメントをつけました。

1回戦💧🔥  ゼンメツー、鬼かますゴルドーザ、シャッフ、ぐれんにゃー、クラッシュ覇道、吸い込むな、ニャミバウン、GWD
後攻、勝ち

最初から最後まで私のゲームでした。
すごいぞ。

2回戦☀️💀🌴ドルマゲドン、ジャスミン、フェアリーライフ、月の死神、メメント、オリオティスジャッジ、デッドゾーン、デジルムカデ、ギャリベータ、ダークマスターズ
後攻、負け

加速2回からのダークマスターズで持っていかれました。
次があればいい動きができたのですが、仕方なし。

3回戦☀️💧🌴ベイブレンラ、ドンジャングル、チェンジザ、サルトビ、メメント、ミクセル、
後攻、勝ち

あまり動きがよくなかった様子なので、
最初から最後まで私のゲームでした。

4回戦💧🔥🙍‍♂️ミノミー、鬼かます、マグナムルピア、シャッフ、吸い込むなう、ゴゴゴ、ゴルドーザ、ビッグバンフレア、クラッシュ覇道、ハヤブサ
先攻、負け

ハヤブサマルでのブロックに合わせてオロチを出し、
かっこよく再展開しました。


5回戦💧💀🔥メガゴーワン、かつらでランス、いわし、爆撃、モールス、5000GT、百クロスファイア、オブザ、ほめほめ、ふんばるさん、デーモン閣下
負け
(ここに限り、先攻/後攻の記録がなかった)

最初から最後まで相手のゲームでした。
すごいぞ。

黒いオーラ

お久しぶりです。
いいデッキができました。


4 幽鬼ギザノッコ コスト2、GRを出すだけ
4 堕魔 ドゥシーザ コスト2、2000以下を除去
4 幽影エダマ・フーマ コスト3、1度だけ除去されない
4 暗黒鎧 ゴルドバット コスト3、墓地回収
4 凶鬼92号 デンカ / 世紀末ハンド (行が長いので紹介なし)
4 解体人形ジェニー コスト4、手札を見て捨てる
4 幽具ランジャ コスト4、3000以下を除去
1 堕魔 ヴォガイガ コスト4、すごい墓地回収
2 無修羅デジルムカデ コスト5、クリーチャーに蓋
4 グロティス・インカーン / 陰影なる印影 *行が長いので紹介なし)
1 ハインリヒ・ダーマルク コスト6、クリーチャーをたくさん出す
4 ファンタズム・クラッチ コスト4、寝たクリーチャーにちょっかい

超GR
2 ダスティン・ジョーバー
2 重圧 CS-40
2 ワイラビIV
2 純白の意志 ヴィンチ
2 補充 CL-20
1 バクシュ 丙二式
1 ロッキーロック

 

 

ディメンションゼロのデッキを見るとあまりにかっこいい。

過去に黒単使いだったのを思い出したのです。

そこで、デュエマでもやりたくなりました。

こうして組まれたのがこのデッキです。


 相手が攻撃デッキの場合

クリーチャーを順々に除去していこう。
コスト2から6まで豊富な除去を取り揃えています。

 いるカード

ドゥシーザ、陰影なる印影、ランジャ、世紀末ハンド、インカーン
除去しながら頭数を増やすカードがたくさん!
ただし、プーンギくんを除去できるカードがありません。
さすが私の好敵手といったところか。

 次善のカード

ギザノッコ (パワーがでかい)
デンカ (クリーチャーが産まれる前に減らす+パワーがでかい)

 


 相手が防御デッキの場合

除去するために手札を2枚も使わせるカードを出していこう。
ゲーム中に使える手札はシールドを含めて8枚、
増やすカードを使っても9か10が関の山なので、
除去の枚数はまず追いつかない。
全体除去は2000以下や3000以下が多いのですが、
このデッキのクリーチャーは3000や4000だらけです。

 いるカード

デンカ、エダマフーマ、ジェニー、ヴォガイガ、ハインリヒ
これらのうち、
デンカ以外は、除去を2枚使ってやっとこ除去できるやつらです。
デンカは、手札と情報が少ない段階で出るので、
見た目より強いよ。
遅れて引いたら呪文側でブロッカーを突破します。

 

 次善のカード

ゴルドバット (博打は負けの方が多いので、もう墓地にある時に出す)
ギザノッコ (サプライとバクシュは強い+他はでかくて除去しにくい)

 

 グランプリ
このデッキを持ってくつもりでした。
しかし轟轟轟に対してはシールドに頼むしかないのと、
その轟轟轟がめちゃ多そうだったので、
たぶん他のにします。
私は魂を賭けたポーカーをしたいのではない。

もちろん野生のゲームでは使います。
おたのしみに!

 

 

 

---

 

 おまけ:ディメンションゼロのデッキ
日本選手権2006あたりのやつ。

 

3 殺意の魔煙キラー
3 夢見る人形エリザベス
3 ローリング・ソーンズ
3 黙示録の魔笛
3 真夜中の狩人ミュラー
3 スパイク・ガールズ
3 イビルアイ・サージェント
2 愛撫の魔煙フェザー
2 全知の魔鏡
3 スカルティラノス
2 サキュバスの吐息
3 失恋の痛み
1 シャドー・ソウル
3 冥界の門
3 幽鬼の谷

記録が残ってないので一部違うかもだけれど、
覚えてるもんだね。

デッキ構築の過程 フルゴゴゴ編 part 2

前回→ http://key37me.hatenablog.jp/entry/2019/01/06/162235

 


攻撃しやすくしたら前回よりもいい調子になったので、
次は動きを止める方法を用意することにしたよ。
シールドが手札に加わると動きやすいので、
大事なカードだけを狙うジェニーで防御の策を崩す大作戦を試します。

 


4 奇石 ミクセル / ジャミング・チャフ
4 奇石 アンコバ/ ブツブッツ・レイン(S・トリガー)
4 被売医 タックン / 喉から狙い打ち
4 凶鬼74号 ビカリ
4 解体人形ジェニー
4 超次元リバイヴ・ホール
2 ゲオルグ・バーボンシュタイン / ゴースト・タッチ(S・トリガー)
2 マインド・リセット
4 "轟轟轟"ブランド
4 勇愛の天秤(S・トリガー)
2 ジェラシー・ベル(S・トリガー)
1 光牙忍ハヤブサマル(殿堂)
1 凶鬼17号ザック / ザクザク十七連打(Sトリガー)

 


解説

2→0 西部人形ザビ・バレル
2→0 改造治療院(S・トリガー)
コスト3のやつらが帰りました。
奇数コストを使う機会が少ないので勝手が悪かったのです。

 

tips
マナを使い残した分だけ、
使ったカードの性能が下がってしまう。
(運良く相手も残してくれたらごまかせる)


なんか解説する所がなくなっちゃった気がするなぁ!
次回からは続編だったり他のデッキだったりさせます。


つい先日、1月26日(土)に発売された
『夢の最&強!ツインパクト超No.1パック』
のカードを使う新しいデッキも組んだのです。

 

日記フライ (さいご)


今日の話題:scriveをはじめました・大休みの日・これから試す文章スタイル

 


こうしてブログに書いてて気づいたのが、

これはブログ向きじゃないってことです。

2週間前に戻って、ブログの内容をゲームだらけに戻します。

 


日記として色々書くのはscraivに移行します。

https://scraiv.com/ch/1548415188399

 


文章版youtubeとして隆盛させたいな!

私も活躍する!

 


大休みの日についてお話しします。

 


このごろ生活サイクルの都合で、

水曜から金曜に調子が悪くなることが多くなりました。

やるべき予定とかち合うと大変なことになります。

気分が悪いと作業が進まないのです。

 


そこで水木金を大休みの日にしました。

隔週で沈む調子の管理として、

この日は作業を何もかも忘れて美味しいものを食べる!

たくさん寝る! たくさんお散歩をする!

そんな日です。

 


歩くと知能が上がる(要出典)ので、

この散歩によって作業効率もズバーンと急上昇するよ。

 


実際この文章を書いてるいま、

散歩パワーのおかげでキーボードが軽快なワルツを奏でております。

 


ワルツといえば、

文章を書くときに音楽のアレを取り入れるのをこれから試すことにしました。

 


一定のリズムで音が並ぶ、これを感覚で無意識に予想し、

次の音が思った通りの音だった状態に喜びを感じる、

といった話を小耳にしたので、

文章にもそういうアレを取り入れて読み心地グンバツ大作戦です。

 


アレっていい加減な二文字を使ったので、

この辺りは言葉にできるほど深い考えがまだです。

私は整えてから書くのとは別に、

探求する熱心さを貸してくれるのを期待して、

まだ曖昧なうちに書きます。

今後もね。

 


よろしくね。