【イカ】ハイドラント推し記事

ハイドラントがすきです。
1の頃からハイドラントを回していて、2でもハイドラントをドラドラ回しています。
今日はそんなハイドラントの魅力を大紹介します。
もちろん一般とカスタムの両方をセットだよ。

ここは私のブログなので、私が好きなものがたくさんあるのです。

メイン編

自由な飛距離

ハイドラントの特長は飛距離が変化することです。
他のスピナーだとチャージが早すぎて2段階しかできないのですが、
ハイドラントは横綱チャージのおかげで5段階ぐらいできます。

塗り能力は癖が強いだけでだいぶある

先端塗りの活用が必須なだけで、
遠くまでたくさん飛ばしてたくさん塗れます。
チャージャーが縦線を引くように、
ハイドラントでは横線を引く動きがイカす。
ホッケ埠頭の通路を一気に塞ぐのがわかりやすいね。

コンパスの中心

円を描くほうのコンパスのように、
自分を中心に円描く塗りが多くなります。
先端塗りについて詳しく書いた記事がこちらです。
http://key37me.hatenablog.jp/entry/2018/01/18/135914

 

サブ&スペシャル編

ロボットボム
よく押してる状況で投げます。
チャージしてると動けずに突破されがちなので、
隙を緩和してくれるよいこ。
他にも道を塞ぐのが得意なメインと合わせて、
物陰に隠れても逃がさん。

スーパーチャクチ
足場を作りつつインクを回復し、
同時に高所から近くの相手を見つけるワザマエ・スペシャ

トラップ
自分のすぐ近くを塗って足場を作るのがど下手なので、
自動的に足場を作ってくれるトラップくんもよいこ。

インクアーマー

遠くでがんばる味方を応援します。
自分より射程の長いチャージャーに対するアンチにもなりますが、
チャージする間に2発撃たれたり、1発で弾かれたりなので過信は禁物です。
やはり相手の道を塞ぐといい。

一般とカスタムの比較
総じて道を塞ぐ・足場の確保のコンビなので、
多く使うほうがどっちかに注目してみてね。
私は狙うのがへたっぴなのでロボットに頼める一般がすきです。

弱点

サーモンランでげんなりした方も多いでしょう。
私もげんなりします。
好きだからこそ魚に襲われると弱点を晒しまくるのです。
ナワバリバトルでは弱点が見えないように動けってことです。

スピナー特有のインク回復停止
メインを1発でも撃つと0.5秒のインク回復停止時間があります。
やけに動きにくいのはこの影響です。
相手から遠い分、スプラスピナーよりはやらかしにくい。

横綱チャージ時間
2秒間待ってやる。まだフルチャージじゃない。

成金インク消費
1本のインクタンクでフルチャージは2回まで。(35%消費)
リッターのKくんもびっくり!
フルチャージするとスプラッシュボムを投げられないので気をつけてください。
私は1の頃に何度となくやらかした。

まとめ

かっこええぞ。

デッキ記事『白青黒コントロール』

お久しぶりです。

11/4 12:10ごろ追記:レシピが1枚間違ってたので変更。英知と追撃の宝剣→サルヴァティ

4 奇石 ミクセル / ジャミング・チャフ
4 天雷の導士アヴァラルド公
4 トロワ・チャージャー
2 ソプラノ裁徒 / メロディアス・メロディ
3 超次元サプライズ・ホール
4 超次元エナジー・ホール
2 スペルブック・チャージャー
1 龍装艦 チェンジザ / 六奇海の四 土を割る逆瀧
1 スパイラル・ゲート
4 時の法皇 ミラダンテXII
1 魂と記憶の盾
1 天雷霊騎サルヴァティ
1 牙修羅バット / 紅く染める闇牙
2 ロスト・ソウル
3 暗黒螺旋
3 マッド・デーモン閣下 / デーモン・ハンド

超次元ゾーン
勝利のリュウイカイザー
時空の戦猫シンカイヤヌス
イオの伝道師ガガ・パックン
など


帰ってきた《アヴァラルド公》を使い、
インパクトカードを手札に入れるデッキ。
かつての超次元デッキと同じく、
手札に入る切札・デッキを埋め尽くす大量の呪文を持ち、
今回はマナ加速の《トロワチャージャー》を手に入れている。

呪文ではないカードは《アヴァラルド》《ミラダンテXII》の8枚だけ。
殿堂入りする直前もそんな感じでしたね。
(当時の最大勢力は《アヴァラルド》《ミルアーマ》以外は全部が呪文の超次元デッキ)

 

《王機聖者ミル・アーマ》エントリーデッキ強化の固定パックに収録
光/水文明・コスト3・パワー3000・種族:イニシエート/グレートメカオー
ブロッカー (攻撃もできるぞ!)
自分が呪文を唱えるコストを1軽減する。

 

3ターン目に《トロワ》+《アヴァラルド》なんて引きをすると、
それだけでゲームが決まることも多々あるよ。
マナを制限するカードがやたら多い上に、
立て直す頃にはもう《ミラダンテXII》が出てくる。
たまらん。

昔だったら加速とアヴァラルドは片方だったのですが、
今回は両方できます。すごいぞ。


古代カード紹介:《暗黒螺旋》DM-27 完全極神に収録
闇文明・コスト5・呪文
Sトリガー
相手は手札を1枚捨てる。
こうして捨てたカードが自分のマナゾーンにある文明を含んでいれば、
相手はマナも1枚こわす。

手札を捨てさせる意味がある相手は同じ色をしている。
轟轟轟とかジョーカーズとかは手札を狙う意味がないので、
使いたい試合で効果的なやつを選びました。
コスト5なので《チェンジザ》でばんばん唱える。

お他所のおすすめブログを紹介 『オタク大暴れ』編

突然ですがおすすめブログを紹介します。

オタク大暴れ
https://usafura.hatenablog.com

まずタイトルがおすすめポイントです。
日本語のリズムといえば七五調、その3+4の言葉選びをしていて、
しかも頭文字がオで揃っています。
これによって似たような言葉のなかでも微妙を醸し出すタイトルとなっております。
たぶんよいこが書いてるんじゃあないかな。わたしも見習おう。

余談ながら、私は「大」とつけて大袈裟にした言葉がすきです。
「大運動会」とか「大都市大書店」とか。

 

次に内容もおすすめポイントです。
特徴的な文体のおかげで楽しいぞってばっちり伝わってくるのです。
伝えたい内容があってブログをやるって言うと、
きっちりまとめるべきな気がして難しそうな印象ですが、
じつは楽しいのを伝えるだけでそれ以外の全部がついてくるのです。
伝えたいのが楽しさだって時点でよいことです。

しかも段落ごとの文章の量が安定していて、
段落を区切る余白も充分な広さでありながら広すぎはしない。
見習った!(今回はいつもより余白が広い)

 

さていきなり紹介したのですが、
これはツイッターのRTで見かけてタイトルだけで惹かれたからです。
俗に言うジャケ買いのブログ版な。
まだ言葉を交わしたこともないので、仲良しさんじゃあないよ。


友達の友達を大事にしろって言うからね。
それとは別に、見習おうと思ったお手本は紹介してさらに見習いたいぞ。

それっぽくなるデッキ構築

『それっぽくなるデッキ構築』
twitterにて『それっぽくなる漫画』『それっぽくなる小説』『それっぽくなる短歌』を読んだので、
影響されてそれっぽくなるデッキ構築記事を書きました。

まず最後に使う主役カードを決めよう
《超特Q ダンガンオー》いいね。かっこいいぞ。
《時の法皇 ミラダンテXII》いいね。うつくしいぞ。
《S級不死 デッドゾーン》いいね。たくましいぞ。
どれも出した時点で一気に勝ちにいく瞬発力を持っているね。

次は主役に繋ぐ三本の柱を建てよう
必要な柱をこれ以上増やすと手札がなくなっちゃうからね。
主役を出すより前を3分割しよう。
【先鋒・中堅・側近】だね。
《ヤッタレマン》わかりやすい先鋒だね。
《勝利のリュウセイ・カイザー》遅め側デッキなら中堅・早め側デッキなら側近だね。
《終断δ ドルハカバ》ほとんどデッドゾーン専用な感じの側近だね。

ここまでのカードを4枚ずつ入れたら16枚なので、
残り24枚で対応力をつけよう
最高の動きをできない引きをしたり、
相手の妨害を乗り越える必要があるからね。

ジョジョジョ・ジョーカーズ》最高の動きをしやすいのもだいじ。
《怒流牙 佐助の超人》防御にも補欠マナ加速にもなるお助け忍者。
《唸る鉄腕 ギリガザミ》攻撃デッキに対してSトリガーを頼るしかないことだってあるさ。
《Dの暴毒 ヴェノミック・ハザード》長期戦に持ち込めば勝てると油断した所を掬うぞ。

そんな感じで組んだのがこちらのサンプルデッキです。

f:id:key37me:20181024133752j:image

夜のアイデア・ツイッターまとめ

 

全てのカードを手札に! 逆流アワンデス

『全てのカードを手札に! 逆流アワンデス』

新しいカードが発売され、私がおさんぽをしました。
なのでデッキ記事を書きます。

f:id:key37me:20181021161038j:image
今回のキーカード、ミステリーパックで登場したアワンデスくん

1 禁断 -封印されしX- / 伝説の禁断 ドキンダムX
2 トレジャー・マップ
4 電脳鎧虫アナリス
4 フェアリー・ライフ(Sトリガー)
3 天真妖精オチャッピィ(Sバック)
4 フェアリー・シャワー(Sトリガー)
4 ダンシング・フィーバー
3 ハイパー・ギガタック / ギガタック・ハイパー・トラップ
3 神々の逆流
4 泡の魔神・アワンデス
3 革命類侵略目 パラスキン
4 唸る鉄腕 ギリガザミ(スーパーSトリガー)
1 ホーガン・ブラスター(Sトリガー)

f:id:key37me:20181021161208j:image
アワンデスのGゼロ条件を満たし、
同時に手札に用意する。

〜使い方〜

大量のマナ加速カードでキーカードを集め、
神々の逆流で一気に手札に戻す。
そして《泡の魔神・アワンデス》をGゼロ能力で一気に展開し、
《パラスキング》を乗せて殴り込む!
相手はマナが無いので動けず、自分はマナが無くても動く、
決して抗えない神々の力を思い知らせよう!

f:id:key37me:20181021161227j:image

マナゾーンに集めるときはやはりコレ

〜小技〜

あまり知られていないが《パラスキング》はピンチの時に味方のコストを軽減する能力を持っている。
《ギガタック》を大量展開しながら自分だけマナを回復なんて荒業もできるぞ。

いざという時は《ギガタックハイパートラップ》で禁断解放し、場を一掃しつつ一気にマナを増やす必殺技もある。
運良く相手にもドキンダムがいるなら、
そこを《アワンデス》で狙えば勝ちだ!

本日発売『ペリッ!スペシャルズだらけのミステリーパック』

ツイッターまとめだよ。

ついうっかり思いつくままに書いてしまったので、じっくり書く内容がなくなってしまいました。