読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/16 グランプリ4th レポート 第3話

第3話 グランプリ開幕編

 

前回まで予告 (飽きなければそのうち書きます)

第1話 デッキ選び編
第2話 デッキ構築編

 

次回から予告 (多分ぼちぼち書きます)

第4話 グランプリ試合以外編

第5話 グランプリゲーム以外編

 

4 ジョリー・ザ・ジョニー

4 解体人形ジェニー

4 腐敗無頼トリプルマウス

1 光牙忍ハヤブサマル

 

4 フェアリー・ライフ

4 ピクシー・ライフ

2 神秘の宝箱

1 五郎丸コミュニケーション

1 デモンズ・ライト

4 Dの博才 サイバーダイス・ベガス

4 超次元フェアリー・ホール

4 超次元ガロウズ・ホール

2 テック団の波壊Go!

1 英知と追撃の宝剣

 

勝利のガイアール・カイザー

時空の凶兵ブラック・ガンヴィート

ヴォルグ・サンダー

タイタンの大地ジオ・ザ・マン

勝利のプリンプリン

アクア・カスケード<ZABUUUN・クルーザー>

時空の英雄アンタッチャブル

時空の喧嘩屋キル

 

1回戦 ヘブンズロージア+ミラダンテXII

2回戦 サザンルネッサンス+ミラダンテXII

3回戦 ばき

4回戦 はやいバスター まけ

5回戦 5色のバスター まけ

6回戦 NEXT

7回戦 ばき まけ

 

1回戦と6回戦ではジョニーの優秀な攻撃で勝ち、

2回戦と3回戦ではサイバーダイスを絡めてヴォルグサンダー2回で山爆発で勝ち。

神秘の宝箱で山札を見た時のシールド確認が早い枠を使っていたからか、

シールドから来ることを期待した動きにはまってくれることもしばしば。

 

4回戦のはやいバスターは3ターン目にまけ。

サイバーダイスを踏んでもらう以外の勝ち筋を入れないことにしたので

踏まない側に転んだ試合は負けるべき。

 

5回戦の5色のバスターは解体で安全確認して次のターンから消耗戦に持ち込もうという所で

上からバスターが来て場にいたカモンと一緒に乗り込まれてまけ。

勝ち筋をしっかり用意されていて、それに気づくのが負けてからの納得のまけ。

カモンピッピーをデッキに入れた時点で

場が手札より安全になる私のような相手に有利なことが決まってたのです。

 

7回戦のばきはサイバーダイスでサイバーダイスを洗う争いをしているうちに

見た目は有利ながら勝つ前にばきを引けば全部持っていかれる状況になる。

ここで私の選択肢はふたつ負け筋もふたつ。

1・ジョニーを出し攻撃して次のターンに勝つ

 →3枚からばきで負け

2・次のターンにサイバーダイスを置いてその次にジョニーを出し攻撃してさらに次で勝つ

 →3枚からばきで負け+2枚からサイバーダイスなら追加チャンス

私が選んだのは1、結果はSトリガー吸い込むナウでピクシーライフを引かれそのまま負け。

試合の内容も相手の人柄も最高のゲームでした。

 

勝つべきだから勝ち負けるべきだから負けると実感してばかりの1日でした。

これまでそういった機会が少なく、具体的にはディメンションゼロ日本選手権2006以来の刺激的な日。

今回ばかりはジャッジではなくプレイヤー参加と思っていたけれど次回もプレイヤーしたいなという日。

 

 

あと勝負の後で‪何人かに問われたジョニーの理由は、

火文明ではなくスピードアタッカーを持っているカードというのがいちばん重要。

他には勝利のガイアールカイザー、ドラゴンフレンドカチュア、Pサファイアをはじめ重量級がある‬よ。
さらに‪2体破壊‬で反撃を許さない優秀カード。

間違えがちですが、ブロックされないとかそういった効果は持ってないです。

それはジョーカーズが5枚以上ある時だけで、

このデッキではスピードアタッカーとマスターWブレイカーだけ。